色覚異常者がパイロットになるには?

色盲でもパイロットになれるか?

パイロットがいないことを考えると、怖く感じるかもしれない。 特定の色を識別できる 飛行機を操縦している間、この問題を回避する方法があります。もしあなたやあなたの知り合いが色覚異常と診断され、パイロットになることを検討しているのであれば、パイロットとしてのキャリアにどのような影響を及ぼすかについて、詳しい情報をお読みください。

色盲でもパイロットになることはできる。

航空会社によっては、重度の色覚異常を持つ応募者を失格とするところもありますが、色覚異常があっても航空会社のパイロットになることは可能です。色覚異常といっても、視力が低下しているわけではなく、パイロットに求められる仕事ができないわけでもありません。実際、法的に目の見えない人でも、他のすべてのテストに合格している限り、飛行することができます。

色覚異常には3つのタイプがある。

色覚異常には3つのタイプがあります。これらは以下の通りです:

  • 赤緑色覚異常(二色性)は、最も一般的な色覚異常で、男性の8~12%、女性の0.5~1%が罹患している。赤緑色覚異常では、赤と緑、またはこの2色の濃淡を区別することが困難です。
  • 青黄色覚異常(二色性)は、男性では10人に1人、女性では100人に1人以下の割合で発症する。このタイプの人は、青と黄色の区別がつきにくいだけでなく、この2色の中にも濃淡がある。
  • 全色盲(色覚異常):まれだが深刻な症状で、矯正レンズや眼鏡をかけていても、灰色の濃淡しか見えない。

一般的に、視力不足のために飛行資格を失うのは、二色型(赤緑)の色覚異常の人だけです。三色型(正常な色覚の人)は、眼鏡や矯正レンズがなくても、自分の視力だけで安全に飛行機を操縦することができます。三色型(色覚が正常な人)であれば、眼鏡や矯正レンズなしでも視力だけで安全に飛行機を操縦することができます。

自分が色覚異常かどうかを知るには?

色覚異常があるかどうかを調べるには、いくつかの検査があります。最も一般的なのは 石原テスト これは、異なる色の点で満たされた一連の円を見て、数字や記号を識別しなければならないものである。色覚が正常かどうかによって、見えやすい記号と見えにくい記号がある。

赤と緑の色覚異常だけでなく、総合的な色覚異常を判定したい場合は ファンズワース・マンセル100色相テスト の有効性は長年にわたって証明されており、今日でも広く使われている。これは、およそ10色ずつの大きなブロックからなる2つのチャートで構成されており、正常な視力を持つ患者はそれぞれの微妙な違いを見ることができるが、赤緑に欠陥のある患者はすべてを正しく識別するのに苦労する。

ケンブリッジ・カラー・テストは、様々な色の円盤をペア(A:B)で提示し、背景(A:C)と照合させたとき、被験者がどれだけ早く照合できるかを分析するものである。この課題を素早く完了した人は、ある程度のトリタノピアに陥っている可能性があり、時間がかかった人はプロタノピアに陥っている可能性がある!

しかし、これらのプレートは特定の照明条件下(例えば、昼光)で見る必要があるため、屋外だけでなく、人工照明が白色光以外の波長を放つ夜間の屋内でも使用できないため、北米以外の多くの人々が定期検診で定期的に使用することは困難である。)

どんなタイプのパイロットになりたいにせよ、一定レベルの色覚は必要だ。

色覚異常の方でも、パイロットになりたいのであれば、飛ぶことはできます。色覚に障がいのある人が就くことのできる飛行の仕事には、さまざまな種類があります。ただし、民間パイロットになりたい場合、または 軍用操縦士そうであれば、民間企業しか考えられない。

プライベートパイロットは乗客や貨物を運ぶことはなく、レクリエーションやビジネス目的で自分の飛行機を操縦して楽しむだけだ。滑走路のない小さな空港での着陸や離陸の際に障害物に衝突するのを避けるため、自家用パイロットは奥行き知覚が優れていることが重要だ。また、離着陸の際、上空を移動する前に他の航空機の往来をスキャンできるよう、プライベートパイロットには優れた周辺視野も必要です。

FAAは、すべての自家用パイロットに完璧な色覚を要求しているわけではありません。しかし、色覚異常が航空機の安全な操縦に支障をきたすと主治医が判断した場合、あるいは他の人を危険にさらすと主治医が判断した場合は、免許証を発行する前に、診断書にその旨を記入する必要があります。

色盲でもパイロットになれるか?

(ソース)

また、自家用操縦士免許(PPL)、事業用操縦士免許(CPL)、航空操縦士免許(ATPL)のいずれを申請するかによって、資格取得や飛行に必要な条件が異なります。

これは最も重要な部分である。自家用パイロットに特定の色覚異常の要件はない。実際、特定の目の状態を指定する規定はまったくない。視力検査(眼鏡の有無にかかわらず片眼20/40(またはスネレン式視力検査で+2)、もう片眼20/70)に合格していれば問題ない。

民間パイロットの要件はもう少し厳しく、矯正の有無にかかわらず、両眼で20/100の視力が必要です。色覚異常のためにこの視力レベルを下回る場合、FAAが承認した施設での訓練を修了し、単独で離陸する前に航空機の安全手順に習熟していることを証明すれば(口頭試問に合格するなど)、認定申請の審査官から免除を受けることができる。可能であれば、治療によって視力が十分に改善され、特別な免除が必要なくなるまで申請しない方がよいでしょう!

色覚異常でもパイロットになることはできますが、いくつかのテストを受けなければなりません。

ご存知のように、パイロットは一連の試験に合格しなければならない。これらの試験では、肉体的、精神的な健康状態が評価される。

そのひとつが、航空医学検査官(AME)が行うPilot's Medical Certificate(Pip)テストである。この検査では、色覚や聴力、心拍数、血圧、肺活量、筋力などを調べることで、すべてのパイロットが安全に飛行できる身体的健康状態であることを確認する。

PIPテストに合格すれば、クラス1またはクラス2の診断書が発行され、パイロットになることができる。

PIPテストに合格すると、クラス1またはクラス2の診断書が発行され、パイロットになることができます。FAA(連邦航空局)は、あなたの結果を確認するレターを試験施設に発行しますので、訓練を申し込む際にフライトスクールに提出する必要があります。

PIPテストを実施するためには、FAAが承認した施設で、FAA認定医が健康診断の際に実施しなければならない。

PIPテストに不合格の場合、クラス3の診断書しか発行されない

PIPテストに不合格の場合、免許にはいくつかの制限があります。クラス3の診断書しか発行されないので、基本的な計器類しか装備されていない飛行機、つまり電子「グラス」コックピットのない飛行機に乗ることが制限されます。つまり

  • 夜間飛行や、有視界飛行規則(VFR)や計器飛行規則(IFR)の最低条件を下回る天候での飛行はできません。
  • IMCに入るか、海岸から指定された距離以上の水上を飛ぶことはできない。この距離は国によって異なるが、アメリカでは海岸線から約50マイル(約8.5km)離れていれば、陸地や市街地などの人口密集地上空ではなく、外洋上空とみなされる。
  • こうしたことに加え、パイロットが進入する前に特定の資格が必要な空域もあります。例えば、軍事訓練区域では、進入する前に計器用等級を取得し、航空管制官から特別な許可を得る必要があります*。

FAAは、パイロット免許の種類ごとに色覚の要件を規定している。

FAAは、パイロット免許の種類ごとに色覚の要件を規定している。

自家用操縦士として飛行するためには、眼鏡の有無にかかわらず、正常な色覚を持っていなければなりません(眼鏡は可)。色覚異常の場合は、矯正レンズを装着した状態で赤信号と緑信号の区別ができれば問題ありません。

計器指定の資格を得るためには、申請者は片目で20/40、もう片方の目で20/70の視力を示す視力検査に合格しなければなりません。この視力検査に合格した申請者は、日中及び夜間の飛行中、この視力基準を満たすために必要な補正(メガネやコンタクトレンズ)をすることができますが、これは夜間飛行に必要な他の条件(下記参照)を満たすことを意味するものではありません。

飛行中、常に眼鏡を掛けている人(視力が良くても)は、FAAが計器気象条件下(IMC)での飛行中に眼鏡の着用を義務付けているのは、AOPA航空安全財団が発行した計器飛行規則訓練コースガイドラインとパイロット訓練プログラムのカリキュラム要件に関するパート91K-1 [PTRS-01508]で義務付けられている場合のみです。このような状況下で離陸する前に、パイロットは航空機の書類を確認し、特定の航空機モデルに搭載されている特定の航空機機器構成により、IMC飛行中のアイウェアの使用に関する追加要件が存在するかどうかを確認することをお勧めします。

米連邦航空局(FAA)は、完全な色覚異常を持つパイロットに、日中の飛行を許可している。

米国連邦航空局(FAA)は、完全な色覚異常(白黒の視力のみ)を持つパイロットに、米国内の日中の飛行を許可している。このレベルの色覚異常者は、FAAの標準的な視力検査と、追加的な特殊光線検査(ブルーライトまたは赤緑フィルターの下で)の両方に合格することができる。

FAAは赤緑色覚異常のパイロットに夜間飛行を制限している。色覚異常はさらに3つのタイプに分けられる:

  • 原色視 - 赤と緑が混同され、青、黄、紫だけがはっきりした色として残る。
  • 赤と緑が混同され、青、黄、オレンジだけがはっきりした色として残る。
  • トリタノピア - 青が赤や緑と混同され、このタイプの色覚異常者が正確に識別できる色は黒か白だけになる。

しかし、他の国ではルールが異なる。例えばカナダでは、色覚異常がある場合、たとえそれが完全な視力からわずか1度でも、矯正手術を受けない限り、パイロットの免許を取得することはできない。ヨーロッパの多くの国も同様です:海外の民間ジェット機を操縦する前に、矯正手術が必要なのだ!

自国以外の国で免許を取得し、国境を越えて定期的に飛行するパイロット(最近では一般的になりつつある)の視力と色覚能力に関して、世界中のさまざまな規制当局が要求するこれらの要件に加えて、2011年にICAOの加盟国が署名した附属書1と呼ばれる国際協定もある:この協定は、世界中の民間航空に関わるすべての国の間で、医療証明プロセスを管理する最低基準を定めている。

この夜間飛行の制限に加え、赤緑色覚異常のあるパイロットは、40歳から5年ごとに、または40歳になる前の最後の眼科検診から視力に変化があった場合に、眼科検診を含む健康診断を受けなければならない(この条件は、これまで視力に問題がなかった場合でも適用される)。

色盲でもパイロットになれるか?

(ソース)

赤と緑のさまざまな色合いを見ることができなければならない

パイロットになるには、赤と緑のさまざまな色合いを見る能力が必要だ。

FAAは、パイロットの免許の種類ごとに一定レベルの色覚を要求している。レベルは3段階ある:

  • 通常の色覚(制限なし)
  • 片目だけの色覚異常 (緑または黄色のフィルター)
  • 両目の色覚異常(緑または黄色のフィルター)、これは色覚異常の最も一般的なタイプである。

パイロットの免許を取得できるかどうかは、健康状態によって決まる。

パイロットになりたいが、視力が悪い、あるいは完全な色覚異常のため、コックピット内の計器を読むのが難しいという人を知っている場合、そのせいで職業選択の幅が狭まる理由はない!適切な訓練と計器や海図を使った十分な練習(これは完全な視力を必要としない)さえすれば、現在の視力や脳機能に関係なく、5年ごとの免許更新時に6カ月ごとのFAA(連邦航空局)身体検査など、必要な検査に合格できる健康状態であれば、誰でも優秀なパイロットになることができる。

航空機の操縦に関しては、色覚異常の種類によっては、それを改善する機器がある。

まず、色覚異常用のコンタクトレンズを使うことができます。いくつかの視力矯正センターで購入できます。どこで手に入れられるかわからない場合は、以下の製品を簡単にレビューすれば、正しい方向性を示してくれるはずだ。

虚像
虚像

第二に、次のようなものもある。 色覚異常メガネ つまり、(私のように)赤と緑、黄色と青を区別するのが苦手な人でも、このメガネをかければ、航空機の操縦やカメラのレンズを覗く必要のある作業をするときに、より正確にものを見ることができるようになる。

この2つの選択肢があなたの状況に合っていれば、素晴らしいことだ。しかし、そうでない場合は、サングラスをかけるという選択肢もある!水や雪に反射する明るい太陽は、色覚異常を持つ多くの人にとって難しいものです。ですから、サングラスをかけることは、外が晴れている場合、特に後で雨が降りそうな場合には常に良いアドバイスです!

最後の思い

色覚異常の方でもパイロットになれますか?試験に合格してパイロットになることは可能です。暗視ゴーグルや、色覚異常のパイロットが飛行しやすくなるツールなど、あなたにも多くの選択肢があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトは reCaptcha と Google によって保護されていますプライバシーポリシー利用規約 申し込み。

reCAPTCHAの認証期間が終了しました。ページを再読み込みしてください。

jaJapanese