女性の色覚異常に関する驚くべき事実

女は色盲になれるか

色覚異常は遺伝的な疾患で、男性にも女性にも発症しますが、その発症の仕方はそれぞれ異なります。色覚異常はx連鎖遺伝であるため、男性は女性よりも本格的な色覚異常になる可能性が高い。もし男性が2コピーの欠陥遺伝子(それぞれの親から1つずつ)を受け継いだ場合、その症状が出ますが、女性が1コピーのみを受け継いだ場合、全く症状が出ないこともあります。この記事では、性染色体が色覚異常の男女にどのような影響を与えるかを説明します。

女性は実は色盲ではない。

真実は?実は女性も男性も色覚異常ではないのです。色覚異常」という言葉は、特定の色を見たり、色を区別したりする能力に欠陥がある人を表すのに使われます。この問題は、目の病気、神経の損傷、染色体の異常など、さまざまな要因によって引き起こされます。色覚異常の原因となるこのような障害を持つ女性もいますが、大半の女性はこのような症状を全く持っていません。

多くの人が女性の方が色弱になりやすいと考えるのは、「見えない」ということと「見え方が違う」ということを混同しがちだからです。一般的な意見(そしておそらくメディア)に反して、視覚認識に関しては男女の間にそれほど違いはない-黄斑変性症や白内障のような視力の問題(これは男女ともに影響を受ける可能性がある)を除けば。

女性にも色覚異常はあるが、非常にまれである。

女性にも色覚異常があるという話を聞いたことがあるかもしれない。これは事実ですが、まれな症状で、女性3万人に1人程度しか発症しません。この男女間の不一致の理由はまだ解明されていない。

女性が色覚異常と診断されるのは事実だ。

色覚異常は差別ではないことを知っておくことが重要です。性別、人種、民族を問わず発症します。しかし、女性よりも男性に多いとはいえ、女性にも色覚異常の可能性はあります。その通りです!遺伝子検査の選択肢が増えたことで、色覚異常と診断される女性が日々増えています。

色覚異常は女性にどのような影響を与えるのか?

色覚異常は男性と同じように女性にも影響します。女性にも色覚異常はありますが、非常にまれです。色覚異常は性連鎖形質であり、X染色体上で母親から息子、孫へと受け継がれる。女性の大半はX染色体を2本持っていますが、男性はX染色体を1本、Y染色体を1本しか持っていません。つまり、もしあなたが色覚異常であったとしても、あなたの母親(あなたはX染色体を持っていない)から受け継がれることはなく、母親がX染色体を持ち、色覚異常と関連する遺伝子を持つ他の男性との間にもう一人子供を作らない限り、あなたは母親から色覚異常を受け継ぐことはないのです。

色覚異常は、北米では白人男性で約1%、黒人男性で0.1%未満である。

女性の色覚異常の原因は何ですか?

  • 色覚異常は遺伝的疾患である。
  • 色覚異常は劣性遺伝である。
  • 色覚異常は母親から遺伝する。
  • 色覚異常は父親から遺伝する。
  • 色覚異常は世代から世代へと受け継がれますが、家族全員が色覚異常を持つとは限りません。XY染色体のペアリングのため、色覚異常が遺伝する可能性は女性よりも男性の方が高く、女性のX染色体の両方が色覚異常の影響を受けることはありませんが、片方のX染色体が色覚異常の影響を受けることはあります。

X連鎖性色覚異常は女性より男性に多い

  • 色覚異常は性連鎖形質であり、その遺伝子を持っていれば性別に関係なく色覚異常となる。男性はX染色体が女性のように2本ではなく1本しかないため、この遺伝子を持つ可能性が高い。男性が色覚異常の遺伝子を持っている場合、赤と緑は完璧に見えるが、青の知覚は全く良くないかもしれない。

ある女性が色覚異常遺伝子を持つX染色体を母親からもらう場合、変異のないX染色体をもらうか、母親が元々持っていた変異を持つX染色体をもらうかのどちらかである(変異を持つX染色体を "キャリア "と呼ぶ)。しかし、片方の親から1つだけ欠損したコピーをもらい、もう片方の親から正常なコピーをもらえば、それぞれの目に異なる情報が含まれるため、視力にはまったく影響がない!つまり、実際に視力を失うことはないが、その子供たちは後々何らかの視力障害に悩まされることになるかもしれない!

女性の色覚異常は2つの色覚異常遺伝子を受け継いでいるに違いない

もしあなたが女性なら、色を見る能力はこのX染色体の数によって決まる。

Xが2人いて、そのうちの1人が色覚異常の遺伝子を持っていれば、赤も緑も見えない。もしあなたのXが2人とも色覚異常の遺伝子を持っていたら、あなたの網膜には赤と緑の細胞がまったく働いていないことになる。つまり、脳に届く色は青と黄色だけということになる。

また、青色光に反応する錐体が欠如しているため、重色覚または重色覚異常(部分的な色覚異常)と呼ばれる色覚異常も遺伝する可能性があります。そのため、このタイプの人は、よく見えない色について話すとき、自分のことを「緑か赤」と表現することが多い。

母親が色盲で父親が色盲でなければ、子供は色盲にならない

両親ともに色覚異常の場合、子供も色覚異常になる可能性が高い。しかし、両親のどちらかが色覚異常でなければ、子供が色覚異常になる可能性は非常に低い。

例えば例えば、母親が赤緑色覚異常で、夫がそうでない場合、2人の娘は50%の確率で赤緑色覚異常を持って生まれる。もし母親が二人の娘を産み、二人とも同じように赤緑色覚異常を持って生まれたとしたら(この場合起こりうるシナリオである)、三人の子供は全員赤緑色覚異常を持つことになる。

女性は赤緑色覚異常の遺伝子を持っていても症状が出ないことがある。

女性は赤緑色覚異常の遺伝子を持っている可能性があるが、通常は症状を示さない。これは、女性のX染色体には、男性の欠損または損傷した遺伝子を補う遺伝子があるからです。しかし、赤緑色覚異常の遺伝子を持つ男性の中には、その遺伝子が娘に受け継がれ、娘に赤緑色覚異常の症状が現れる人もいます。

まれに、正常な視力を持つ女性が、"色覚異常 "と呼ばれる症状のために、色の識別に問題を経験することがある。この障害は、特定の色が他の色と異なって見えるというものである。例えば、オレンジ色が黄色に見えたり、赤色が緑色に見えたりする!

女性の色覚異常はまれである

色覚異常は劣性遺伝なので、両親からその遺伝子を受け継ぐ女性はまれである。しかし、女性が両親から変化した遺伝子を受け継いだ場合、色覚異常は起こりうる。

もしあなたが遺伝子を一つでも受け継いでいたり、色覚異常の一種を持っていたりすれば、あなたの娘もこの症状を発症する危険性がある。

女性は変異したX染色体を息子に受け継がせることができ、その息子は赤緑色覚異常を受け継ぐ。

色覚異常は女性にも遺伝することがあるのだ。この稀な症状では、女性が変異したx染色体を息子に受け継がせることがあり、息子は(母親から)1本しかx染色体を持たないため、赤緑色の色覚異常を受け継ぐ。

男性にはX染色体が1本しかないので、そのX染色体に変異があり、赤緑色覚異常の遺伝子があれば、ほぼ確実に遺伝します。しかし、女性には2本のX染色体があり、1本は父親から、もう1本は母親から受け継ぐので、この2本の染色体の両方が色覚異常の突然変異を持っていたとしても、女性の約25%だけがこの状態になる可能性があります。そして、ほとんどの女性は赤緑色覚異常の症状を示さないので、女性ではまれですが、前代未聞ではありません。

女性にも常染色体優性遺伝の色覚異常があるのか?

常染色体優性色覚異常は、特定の色を見分けることが難しくなる遺伝病の一種です。男性でも女性でも同じように発症するので、女性でも色覚異常の可能性はある。ただし、女性の場合は父親から遺伝する可能性が高い。

X染色体は色覚に関連する遺伝子の多くを担っているため、女性は通常、母親から1本、父親から1本のX染色体を受け取ります。男性はそれぞれの両親からX染色体を受け取るため、女性よりも両親から色覚に関連する遺伝子を受け継ぐ可能性が高くなります。つまり、女性でも色覚異常の可能性はあるが、男性よりも両親から遺伝する可能性は低い。

女性にも常染色体劣性色覚異常があるのか?

女性は常染色体劣性色覚異常を持つことがある。しかし、通常はこの症状を引き起こす遺伝子の保因者である。つまり、遺伝子のコピーを1つ持っており、子供に遺伝させることができる。

常染色体劣性色覚異常は先天性色覚障害の一種である。両親ともに劣性遺伝子を持つ場合に発症する。遺伝子のコピーを1つ持つ両親が、互いに2つのコピーを受け継いだ場合にのみ症状が現れる。

常染色体劣性色覚異常の最も一般的なものは、赤緑色覚異常(重色覚異常または原色覚異常とも呼ばれる)である。米国では1万人に1人の割合で発症する。

女性用の色覚異常メガネはありますか?

女性用の色覚異常メガネがあります。色覚異常の治療薬ではありませんが、よりはっきり見えるようになるかもしれません。

実際の治療法とは異なり、色覚異常用メガネは症状を完全になくす治療法ではありません。しかし、この特殊なメガネを目にかけると、特定の色をより鮮明に、より見分けやすくすることができます。

結論

まとめると、女性の色覚異常を取り巻く事実を理解することが重要である。女性が色覚異常を持つことはありますが、非常にまれです。毎日、より多くの女性が色覚異常と診断されています。色覚異常は女性にどのような影響を与えるのでしょうか?女性の色覚異常の原因は何ですか?X連鎖性色覚異常は性連鎖形質なので、女性よりも男性の方が多く発症します。色覚異常は男性では劣性遺伝なので、女性が色覚異常になるには、2つの色覚異常遺伝子(両親から1つずつ)を受け継がなければなりません。母親が色覚異常で、父親が色覚異常でない場合、母親が異常でない限り、子供は色覚異常にはならない。女性は赤緑色覚異常の遺伝子を持つことがあるが、通常は症状を示さない。"

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトは reCaptcha と Google によって保護されていますプライバシーポリシー利用規約 申し込み。

reCAPTCHAの認証期間が終了しました。ページを再読み込みしてください。

jaJapanese